インジェクション車の燃調マッピングを変えることが出来るようになるパーツです。従来のカスタムキャブレーターと同じような効果があります。
各回転数・アクセル開度に応じてノーマルの基本マップに対してプラス○%・マイナス○%といった調整が出来ます。
KAWASAKI KLX250/D-TRACKER:X

2012年新型コンパクトタイプのネゴシエーターが新登場いたしました。
価格が大幅に改定され、本体がかなりのコンパクト設計になりました。
DトラッカーX&KLX250(08−)の場合、ノーマルインジェクターにて292CC排気量にも対応出来ます。
さらに濃く燃料を噴射したい場合は、スピードテック製のビックホールインジェクターを使用してください。

セット内容
コントローラー、セッティング変更用スイッチボックス、オプションパーツ取り付け用カプラ、
取り付け用配線キット、取り扱い説明書、インストールプログラムDVD

カワサキ KLX250(08−)/DトラッカーX用 NEW Negotiator 品番EPCS−0003−00
¥30500(税別)

このモデルよりパソコン接続ケーブルはオプション設定となりました。このケーブルがあればネゴシエーターと
パソコンを接続して、パソコン上で燃調マップを製作することが出来る優れものです。店主もおすすめです!
+¥5600(税別)
車体への取り付け方法
車体への取付けは、カプラーオンになり非常に簡単になりました。面倒な配線加工も必要なくなりました。
当店での取付け工賃は¥9000(税別)になります。
オプションパーツ取付けカプラーについて
今後開発する以下のオプションパーツを取り付けることができます。
*回転リミッター(レース等ピットロードを走行する上でスピードが設定回転数よりも上がらないようにする)
*押すたびにコンローラーの中に入っているプログラムを順に変えていきます(固定のプログラムが3個、お客様用書き換え可能プログラムが3個の合計6個になります)
*チェンジロッドにスイッチを取り付けることでオートシフターが使えます(オートシフターのユニットも内蔵されています)
燃調マッピングについて
本体には、最初3つの基本プログラムが入力されています。@ノーマルA300CC対応マップB250CC給排気カスタム対応マップ
250CCで社外マフラー装着・エアークリーナー蓋取外し・エアインジェクションカットの仕様であえばBで対応できます。
そこからマップを調整していってたほうが作業が簡単です。お客様で製作したマップも3つまで記憶できます。合計6つ記憶できます。
Mediator操作.pdf へのリンク スイッチボックスによる操作.pdf へのリンク
YAMAHA WR250R/X

ネゴシエーターは、吸排気系をカスタマイズした場合などに、ノーマルマップより更に濃く&薄くすることが出来ます。
エアクリーナーの拡穴加工や、フルエキゾーストシステムに交換した場合などのヘビーチューニングにも対応出来ます。
また、スピードテック製のマップ切り替えスイッチを別途接続すると走行中にマッピングを替えることも出来ます。
ネゴシエーターは価格が安いですが性能はかなりの高性能です。安心してご購入くださいませ。

セット内容
コントローラー、セッティング変更用スイッチボックス、オプションパーツ取り付け用カプラ、
取り付け用配線キット、取り扱い説明書、インストールプログラムDVD

YAMAHA WR250R/X用 NEW Negotiator 品番EPCS-0002-00
¥30500(税別)

新型モデルよりパソコン接続ケーブルはオプション設定となりました。このケーブルがあればネゴシエーターと
パソコンを接続して、パソコン上で燃調マップを製作することが出来る優れものです。店主もおすすめです!
+¥5600(税別)

出荷時に3パターンのマップがインストールしてあります。
@ノーマルマップ(燃調変化なし)
Aスリップオンサイレンサー用マップ
Bスリップオンマフラー用マップをベースに更に高回転域を濃くしたマップ、以上3マップがインストールしてあります。
さらにオーナー様で製作されたオリジナルマップを3マップまで追加することができます。
合計6マップをインストールすることができます。オプションのハンドルマウント用スイッチボックスにて走行中にマップを
変えることも可能です。付属のスイッチボックスでもマップを切替えることが可能です。

ホームヘもどる
inserted by FC2 system